logo
Home

Top news

大正時代 アメリカの映画は放映されていた

憲政の常道(けんせい の じょうどう) 加藤内閣以降の議会では、衆議院で多数をしめた政党の総裁が首相になることが、「憲政の常道」(けんせい の じょうどう)とされ、五・一五事件(ご・いちご じけん)の起こる1932年まで、おこなわれていった。. jp/archives jp/archives/idaten/ 明治~大正時代の東京を. 大正時代に今日の都市生活の原型が出来上がったいきさつを、アメリカの消費生活、日本における労働形態の変化と関連付けて教えてください。 資本主義が発達して都市では大きな企業で経営管理をつかさどる専門的な知的階層職、俗にいうホワイトカラーが必要になってきたことがあります. 大正4年頃、アメリカでは流行歌の時代に突入していました。. 貴族院を基盤とし特権階級を主体とした清浦内閣は、護憲三派と呼ばれた三政党から非難され、総辞職へと追い込まれた。 連立内閣を成立させた護憲三派は、普通選挙法と治安維持法を成立させる。 加藤首相は普通選挙運動の影響とは別に、社会革命を避ける手段として普通選挙の実施に踏み切った。. 大正時代、富山県で起こった「米騒動」に基づく痛快エンタテインメントとなっている。 映画 邦画ニュース.

1910年代にアメリカの映画都市「ハリウッド」が誕生することになります。 そして、その後1920年代にはソ連で世界初の国立映画学校が創設されるなど、徐々に映画制作のための基盤が形成されていくようになりました。 この流れは、世界中に広がっていくことになります。 1930年代以降は、イタリアで「ヴェネツィア国際映画祭」、フランスで「カンヌ国際映画祭」、ドイツで「ベルリン国際映画祭」、そして日本では「東京国際映画祭」が開幕されることになります。. 大正活映株式会社(たいしょうかつえいかぶしきがいしゃ、1920年4月 設立 - 1922年 製作中止 - アメリカの映画は放映されていた 1927年5月 解散)は、かつて横浜に存在した映画会社である。 大正時代の横浜 山下町に本社と撮影所を構え、無声映画を製作および配給した。. See full list on ja.

· 【訳】鬼滅の刃は大正時代(1912-1926)までの話で、第二次世界大戦は1939年から1945年まで。 あの太陽のような耳飾り がなにかの話に関係していると見えるけど、だれか作者に聞いた人はいないのかな。. 大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になって. 三菱鉛筆×TVアニメ「鬼滅の刃」 コラボレーション企画決定!. 世界のクロサワやミフネが銀幕で活躍を始めて、日本映画界も自信ができたのか、つぎつぎと邦画の名作をヒットさせていきました。とくにこのころは日本映画史上でも数多くの名作とよばれた作品を生んでいきました。 それでは1950年代の名作といわれる邦画10作品をご覧ください。 ※なお記載の年は日本での放映開始年です。 昭和1960年代の名作邦画については次の記事に詳しく書いてあります。 >>>昭和の名作邦画Ⅱ 1960年代懐かしすぎっ!. See full list on rekishi-memo. 第一次世界大戦中、金の輸出を禁止していた政府は、為替相場の安定と輸出促進のため、金の輸出解禁に踏み切った。 しかし、その準備が整う頃、米国ニューヨークの株価が大暴落した。 影響は拡大し、世界恐慌となった。 大正時代 アメリカの映画は放映されていた 日本の金輸出解禁は最悪のタイミングであったと言える。 英国などが金の輸出を禁止すると、日本もそれを追従するが、既に恐慌は国内に浸透ししまっていた。 物価や株価や下落、賃金はカットされリストラによる失業者が溢れかえったのだ。 農村では農家の困窮が深刻となり、婦女子の身売りが行われるようになった。 このような状況で青年将校らを中心に国家改造運動が活発となる。 政治家と共に、政党と癒着して利益を上げていた財閥が非難の対象とされた。. See full list on wondertrip.

大正13年(1924年)刊行の唱歌集に掲載された。雪の降る夜は楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ。. 1912年から1926年まで続いた大正時代。短い期間ながら、現代に繋がるさまざまな変化が生じた時代です。この記事では、主な出来事を年表で紹介し、服装や食事などの生活や、「大正ロマン」と呼ばれた文化などをわかりやすく解説していきます。あわせてもっと理解の深まるおすすめの関連本. その他 野球などのスポーツも流行した。テニスも、知られてきた(※ 大正時代 アメリカの映画は放映されていた テニスの参考文献. 大正時代には日本の歴史でも特に大きな震災が発生。 1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒に相模湾で起こったマグニチュード(M) 7. ホラー映画が初めて製作されたと言われる1895年から年にいたるまでのホラー映画を1本にまとめたムービー「A History of Horror」が公開されてい. 監督 小津安二郎 主演 笠智衆 原節子 日本公開 松竹 1953年 今なお、小津安二郎監督の東京物語は世代を超えて人気がある。 尾道から子供たち3人のいる大都会東京に出てきた老夫婦の周吉(笠智衆)ととみ(東山千栄子)でした。長男(山村聡)は開業医、長女(杉村春子)は下町で美容院を営み、戦死した次男の妻紀子がいる。子供たちにはそれぞれの生活で忙しく、居場所がない老夫婦でした。ただ暖かくしてくれたのは血のつながりのない紀子でした。東京で疲れて尾道に帰る途中、とみが倒れてやがて息を引き取ったのでした。尾道に皆が集まりましたが、葬儀が終わっても周吉の世話をしてくれたのが紀子でした。「あんたはいい人じゃ」と周吉がいい、周吉から妻の形見だといって時計を渡されて、紀子は号泣する。紀子はやがて紀子は新しい人生を決めたかのように尾道から東京に戻る。周吉は一人残って尾道の海を静かに眺めていた。. toshihiro5116 (引用元:Instagram) 大正時代を振り返るうえで欠かせないキーワードとなるのが、「民主主義の発展」を目指し1910年代から1920年代にかけて発生した「大正デモクラシー」。 1890年(明治23年)11月29日に「大日本帝国憲法」が施行されましたが、当時の政治を取り仕切っていた「薩摩藩(現在の鹿児島県に相当する)」と「長州藩(現在の山口県に相当する)」などは「藩閥政治(一部の藩出身者だけで政治を行うこと)」体制を敷いており、憲法を守らず独裁的な政治を展開。 国民たちは「民意が反映されない政治」手法に不信感を募らせていったのです。 そうした中で1912年(大正元年)から1913年(大正2年)にかけての第1次、1923年(大正12年)からの第2次と2度の「護憲運動(憲法を守って政治を行うことを求める運動)」が発生し、前者では藩閥政治派・桂太郎を立憲政友会・原敬(はらたかし)が倒し「日本初の政党政治(政党を基礎にして行われる政治)」を実現。 後者では第24代総理大臣・加藤高明によって普通選挙法(1925年)が成立、25歳以上の男性であれば税金を払わなくても無条件で政治参加できるように。 そのほか思想の面では政治学者「吉野作造」が唱えた「民本主義(民衆の意向に従って政策が決定されるべきという考え方)」、法学者「美濃部達吉」の「天皇機関説(天皇は国家の一機関に過ぎないという考え方)」などが生まれ、こうした思想も加わってデモクラシーの風潮は社会に浸透していくことになります。. 楽に飢えていた時代だったんですね。グ 大正時代 アメリカの映画は放映されていた リークラブは大正時代に誕生していまし たが、合唱音楽という一つの新しい文化 がいち早く西南で花を開いたというのは、 21941(昭和16)年西南学院高等学部高等商業科卒 商経会の先生と仲間たちとともに.

はいからさんが通るの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。大正後期、お転婆でハイカラな女の子が許婚の青年軍人と出逢い. 映画の発祥についてはあまりしられていませんが、映画の発祥は19世紀の後半にまで遡ります。 実は映画の歴史は100年以上もの歴史があり、映画ができたのは「写真」を記録できないのかという連続写真の発送から出来上がりました。 今もなお、映画の技術は発展しています。高精細な画像は「当たり前」ですが、昔は当たり前ですが、そういったことはありませんでした。. いかがでしたでしょうか。 昔の映画はサイレントや、動画を見るだけの動画だった映画が、今は3D映画の大ヒットを受け、映画館のデジタル化が進んできています。 大正時代 アメリカの映画は放映されていた より鮮やかで臨場感のある映像を楽しむことができるようになりました。 ただ、100年経った今も、映画は皆で楽しむ娯楽の一つであり、愛されるエンターテイメントの一つとなっています。. そして、トーキーと呼ばれる 映像と音声を同期させた映画が作り出され、世界中で映画が作られるようになっていきます。 日本では1908年が、日本映画の創成期ともいえる年で、国産の映画が公開され、映画館が作られ、時代劇が生み出されました。. 監督 木下恵介 主演 高峰 秀子 日本公開 松竹 1954年 坪井栄の小説「二十四(にじゅうし)の瞳」が原作です。監督が木下恵介で主演の小豆島にある小さな分教場の大石先生を高峰秀子が演じました。時代は日本で不況がつづき、やがて満州事変、日中戦争へとまっさかさまに破局に向っていくような時代でした。島の若者も次々と出征して戦死、大石先生は軍人になりたいという教え子を「命を大切に」と諭しました。「アカ」との噂が立ちました。 やがて先生は若い遊覧船の機関士と結婚して3人の子供に恵まれました。しかし夫は召集されて戦死。そして敗戦、食糧難で娘も柿の木から落ちて死亡、先生も変転を重ねていきました。 やがて教壇に戻った先生は、かっての子供たちがまた戻ってきたように感じ、永遠のつながりを営んでいるように子供たちの24の瞳が見上げているのでした。 日本が戦争に突入し、これに呑み込まれていった女教師と子どもたち、その苦難と悲劇から戦争の悲惨さと悲劇を描きました。この映画を見たたくさんの人は涙を止められなかったのです. 無声映画(むせいえいが)とも呼び、対概念はトーキー(発声映画)である 。 サイレント映画のフィルムには音声トラックが存在しないが、トーキーフィルム登場後に音声トラックに劇伴を収録したサイレント映画を「サウンド版」 、さらに日本では活動弁士による解説も収録した. 新派映画とは、必ずしも演劇史における狭義の新派劇に限らず、ときには新劇の主題も取り入れた、広く現代劇を意味する映画のジャンルでした。明治大正期には、映画を表す用語の主流が「活動写真」であったため、新派映画という名称は存在せず、時代.

1925年の加藤高明(かとう たかあき)内閣で、普通選挙制が成立。満25才以上のすべての男子に選挙権が与えられた。納税額は、選挙権には関係なくなった。まだ、女子には選挙権は無い。 1928年には、第一回の普通選挙が行われた。 1. 日本も参戦した「第1次世界大戦」は、別の大きな騒動を引き起こすきっかけにもなりました。 その1つが1918年(大正7年)に発生した「米騒動」です。 世界大戦の影響により日本の商品輸出が急増した「大正バブル」状態となっていましたが、その一方で国内の物価上昇が問題に。 中でも特に上昇したのが「米」の価格で、1918年(大正7年)1月に1石(約150kg)15円であった米の価格は20円、30円と高騰を続け、米が入手しにくい状況に。 さらに当時の寺内正毅内閣がロシア革命への干渉を目的とする「シベリア出兵」を実施すると政府による買占めが進行、国民の手に米は回らなくなりつつありました。 国民にしてみれば「こちらは米を買えず困っているのに何してくれるのだ」といった気持ちでしょう。 こうして政府への不満を募らせた国民たちはついに立ち上がります。 富山県の漁村の妻たちが米を求め米屋に押しかけると「米の移出」阻止への運動が活発化、その後全国へ広がりを見せると暴動の発生、軍隊が出動するほどの大きな騒動に。 最終的にはコメの安売り政策などにより騒動は沈静化しますが、この影響により寺内内閣は総辞職に追い込まれることになったのです。. . 大正6年(1917年)に初演された歌曲。千葉県銚子市での儚いひと夏の恋を歌った竹久 夢二の原詩に曲をつけたもの。.

現在では、半世紀、めざましい映像技術の進歩し続け、ついに全編コンピュータ・グラフィックスによる映画を生み出しています。 最初にCGで作成されたのは、1982年に製作されたアメリカのSF映画「トロン」です。 その後のCG技術の進歩はすさまじく、年公開の「アバター」で3D新時代が到来しています。. 部落解放運動 1922年に被差別部落への部落差別の解消をうったえるための全国水平社(ぜんこく すいへいしゃ)が京都で結成した。 1. )書評~国会図書館デジタルコレクションで見つけた素晴らしき一冊~ 第7回 駅前にチェーン系コーヒー店がいくつもオープンしたり、サードウェーブといわれる洗練されたカフェがアメリカから上陸したりと、ここ数年は第三次とも第四次とも言われるカフェブーム.

この場合で「時代」は period で言えばいいと思います。 映画の話をすると「舞台」は setting か set in で言います。 この映画 this movie いつの時代 which period/what period 舞台 set in 例文 This movie is set in the 1960&39;s. 大正元年(1912) 大正2年(1913) 大正3年(1914) 大正4年(1915) 大正5年(1916) 大正6年(1917) 大正7年(1918) 大正8年(1919) アメリカが対日戦を想定したオレンジ計画を立案 その頃、日本は 秋山真之が死去。「米国と事を構えるな」と遺言. 少し時代を遡って、大正時代、明治時代をテーマにした塗り絵です。昭和時代の塗り絵もご用意しました。お好きな塗り絵を選んでお楽しみください。 〈ご注意〉 「my介護の広場」の文字を削らずにご使用ください。 第一次世界大戦で好景気を迎えた日本であったが、大戦後、列強の生産力が回復すると輸出は後退し株価が暴落、一気に不況に転落する。 更に、そんな状況の日本を関東大震災(1923年)が襲った。 政府は決済不能となった震災手形に対して特別融資を行い、その後、未決済分の処理に取り掛かった。 しかし、銀行の経営状態が悪化している事が明らかとなり、取り付け騒ぎが起こる。 これが、金融恐慌の始まりである。 政府は、三週間の支払い猶予を命じて全国の銀行を一時休業させた。 そして、日本銀行に非常貸し出しを行わせた。 この金融恐慌で中小銀行は相次いで倒産した。 大銀行を持つ財閥は、それら中小銀行を吸収し経済界の支配を強めていく。 さらに、三井や三菱は政党とも結びつき発言力を持つようになる。. 監督 本多猪四郎 特技監督 円谷英二 主演 志村喬 宝田明 河内桃子 平田明彦 日本公開 東宝 1954年 主演はゴジラでした。この年の3月にはアメリカによるビキニ環礁水爆実験があり、マグロ漁船第5福竜丸が死の灰をかぶって帰ってきた。日本で初めてのSF超大作映画ゴジラはこうした戦後10年の冷戦核競争時代の申し子でありました。小笠原諸島のある太平洋の底深くに潜んでいた伝説の太古の巨大生物が核実験のために怒り暴れだしたのでした。それが突然に東京湾から上陸してきたのです。 熱線を吐き高圧電流の防御や防衛隊の戦車をものともせずに、東京の街を焼き尽くしながら、銀座、新橋、田町、芝から国会議事堂も破壊し、襲いかかるジェット戦闘機も払いのけたのです。ついこの間の米軍の東京大空襲で日本といっしょに落ち込んでいた若い科学者(志村喬)は考えていた新恐怖兵器を使うべきか迷いましたが、ついにゴジラが潜む海底に兵器を持って潜っていきました。もし今後水爆実験を続けたら、またゴジラのような巨大生物が現れてくるぞというメッセージを残したのでした。 この映画はハリウッドで買い取られてリメイクされ、1956年に『Godzilla, King of the Monsters! ヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット Rigoletto」第3幕のカンツォーネ.

「人の世に熱あれ、人類に光あれ」(水平社宣言の一部) そのほか、北海道では1930年に北海道アイヌ協会が設立された。. 日本人と言えば温泉が大好きな国民として知られていますが、混浴風呂に入ったことはありますか?何となく抵抗があって、足を踏み入れていない境地、という方も多いかもしれません。ただ、いつもの見慣れた家のお風呂ではなく、広ーい温泉でカップルや家族同士で時間を過ごしたいという. 大正時代 アメリカの映画は放映されていた 1923年に、関東地方で東京と横浜を中心に大地震(だいじしん)が起きた。死者・行方不明者は14万人以上であった。この地震を 関東大震災(かんとう だいしんさい) と言う。また、地震による被害(ひがい)で、日本の不景気が、さらにひどくなった。 なお、この地震で、「朝鮮人が反乱を、くわだてている」という内容のデマ(「デマ」とは、かんちがいした連絡や伝言などのこと。)が飛び交い、不安にかられた民衆らが、朝鮮人や社会主義者らを殺害する事件が起きたという。殺害された人数については、現代の歴史学では、定説が無い。当事の司法省は230名あまりの朝鮮人が殺害されたと発表した。 東京に朝鮮人がいた理由は、当時は韓国併合後の時代だったので、仕事などで日本に働きに来ていた朝鮮人がいたのです。 震災後の復興では、大都市の公共の建築物は、赤レンガから鉄筋コンクリートに置き換えられていった。(帝国書院の教科書に、鉄筋コンクリートの記載あり。). 監督 木下恵介 主演 有田紀子 田中晋二 日本公開 松竹1955年 原作は歌人伊藤左千夫の小説「野菊の墓」でした。木下恵介監督は自然豊かな北信濃で主人公政夫(田中晋二)と二歳年上の美しい従姉妹の悲恋物語を描いた映画です。 もう半世紀を経ていた主人公政夫(演じるのは笠智衆)は年老いてから恋人だった民子(有田紀子)の墓に野菊を供えにふるさとへ帰省し、そこで当時の回想に浸ったのでした。 そのころ政夫の母が体が弱いので、従姉妹の民子が住み込みで手伝いにきてくれていました。村の住民が妬むほど仲がよくて時に喧嘩もしますが、なにはばかることもないような仲の良さが、やがて恋に変っていきました。ところが政夫は旧制中学に進み、遠くで入寮することになったのでした。ふたりは霧の流れる渡し場で別れなくてはなりませんでした。 時が流れ、民子は政夫を忘れての結婚を説得され嫁ぎましたが、嫁いだ後も政夫のことが忘れられなかったので、婚家では疎まれ続け、やがて流産をして体を痛めた末に息を引き取ってしまいました。手には政夫の手紙とリンドウの花が握られたままだったのです。授業中に民子が亡くなったと呼び戻された政夫は、あの頃に自分がリンドウで、民子は野菊の花のようと語り合ったことを思い出すのでした。 当時の時代が持っていた田舎特有の因習や貧しさから、天真爛漫の二人の恋は途絶えたのでした。 経済が復興から成長を始めた世相に逆らうような純粋で美しい悲恋物語でした。.

. モボ、モガ アメリカ映画やジャズなどの日本での普及を通して、アメリカ的な文化が日本に流入していき、そのようなアメリカの大衆娯楽的な文化は「モダン」と言われた。(※ 帝国書院に記載あり。) 同じころ、洋服が普及してきたこともあって、私服などで洋服を着ることも「モダン」と言われた。 街中などで洋装をした若者は、洋服を着た女性なら「モガ」(「モダン・ガール」の略)と言われ、男性なら「モボ」(モダン・ボーイ)などと呼ばれた。 1. その一方、旧ソ国交が回復した結果として、社会主義運動の活発化が予想された為、これを取り締まる治安維持法も成立させた。 社会主義思想に関わる一切の結社、行動を禁止するというもので、後に最高刑の死刑まで加えられた。 加藤内閣から八年間、議会の第一党が組閣を行う「憲政の常道」が慣例となった。 大正時代 アメリカの映画は放映されていた しかし、大正が終わり昭和となったと後、様々な事件が重なる事で、政党政治は五一五事件により、その幕を閉じる事となった。 この時代の政党政治は、まさに金権政治そのものだった。 ようやく実現しかかった本格的な民主主義による政党政治は、皮肉にも軍部が台頭する原因を作ってしまったと言える。. 大正時代には、都市ではガス、水道、電気、電灯が普及した。(※ 水力発電が大正時代に始まったことと関連づけて、電気や電灯が大正時代に普及したことを覚える。) 工業の発展が背景にあり、そのため専門知識をもつ労働者の必要性が生じ、都市などでは、会社勤めをするサラリーマンがあらわれた。 そのため、都市の郊外も開発された。このころの新式の住居には、洋間を利用した「文化住宅」(ぶんかじゅうたく)があらわれた。郊外に、このような文化住宅が多く建築され、サラリーマン家庭が住んでいたりした。 また、都市と郊外をつなぐ交通手段としての必要などから、電車や鉄道が使われるようになった。バスも普及した。さらに、東京では地下鉄が、浅草・銀座などに開通した。 ターミナル駅もあらわれた。そのターミナル駅の周辺には、デパートや劇場なども、あらわれた。鉄道会社が中心となって、このような鉄道周辺やターミナル周辺の郊外の開発をすすめた。 都会にはデパートなども出来た。(たとえば東京銀座の三越(みつこし)デパートなど。) 食事では、パンを食べることも広がった。洋食屋も普及し、カレーライス、オムレツ、コロッケなどの洋食も普. 監督 黒澤明 主演 三船敏郎 京マチ子 日本公開 大映 1950年 1951年のベネチア映画祭に出品されていた黒澤明監督の「羅生門」がグランプリを取った。いきなり世界の目が日本の映画に向き、黒澤明や三船敏郎が脚光を浴びた。 作品は芥川竜之介の短編小説であった「藪の中」が原作で、脚本は伊丹万作の弟子橋本忍が黒澤と手がけた。 舞台は打ち続く戦乱と疫病、天災で荒れ果てた平安京の羅生門、旅の武士(森雅之)は妻(京まち子)を連れて森の中で盗賊多襄丸(三船敏郎)とはち合わせる。その妻の美しさに魅せられた多襄丸は武士を襲って縛り上げた。やがて武士の死体が発見され、検非違使は全員を捕まえて取り調べる。目撃者なども証言したがみんな、武士の死については自分に都合のよい嘘を言い張った。この盗賊多襄丸と武士そしてその妻の3人ともが嘘をついていて、あまりにも浅はかなものだったのです。 この映画が上映された年には朝鮮動乱があった。戦後まだ5年目であった当時の世の中も「藪の中」であった。. 民主主義ではなく民本主義と訳された大正デモクラシー。 初の平民出身の首相である原敬(はらたかし)の本格的な政党内閣が発足した。 しかし、汚職事件の頻発と普通選挙への反対から、平民宰相は暗殺されてしまう。. 監督 川島雄三 主演 フランキー堺 石原裕次郎 小林明 左幸子 南田洋子 日本公開 日活 1957年 大正時代 アメリカの映画は放映されていた 川島雄三監督の日活映画「幕末太陽傳」は当時人気が出ていたフランキー堺を主役佐平治に抜擢、幕末ドタバタの太陽族のような幕末の志士に石原裕次郎、小林旭、二谷英明たちが出演しました。 この喜劇は当時の遊郭が舞台で、遊女役には左幸子や南田洋子が出演していました。落語の「居残り佐平治」などに題材をとったものでした。 幕末の文久2年、品川遊郭、お大尽きどりの佐平治(フランキー堺)は仲間たちを引き連れて遊郭でドンちゃん騒ぎ、会計に残ったのは佐平治だけ、一銭も持たないでそのまま居残り、支払いも先延ばし、やがて露見したあげくに、佐平治は遊郭でただ働きをして借りを返すことになります。 持って生まれた才能をフルに発揮し、楼内でのトラブル怪傑に大活躍、おそめ(左幸子)やこはる(南田洋子)の女郎たちにもすっかり人気者になったのでした。一方尊皇攘夷をかかげた長州の高杉晋作たちは品川沖まで佐平治たちと漕ぎ出して、密航の秘密を守るためと、佐平治は斬られそうになりますが、ここでも上手い啖呵を切り危機を逃れました。 フランキー堺は元々はJAZZ演奏のドラマーでした。慶応ボーイ時代から進駐軍に出入りした佐平治のような才人でした。この映画の後、「駅前シリーズ」や「社長シリーズ」などのコメディーでも一世を風靡しました。 2月には岸内閣で日米安保体制を目指し、経済は復興し戦後からの成長が始まっていました。当時「太陽族」への風当たりもあって、映画会社と監督たちの間では軋轢が絶えなかったとのことでした。.

9の「関東大震災」は東京を中心に千葉,埼玉,関東各県に甚大な被害を及ぼし、その死者は約 10万5000人と言われています。 年に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生するまでは、日本災害史上最大級の被害とも言われていました。 またこの震災は首相が不在であったことも有名で、震災が発生する8日前の8月24日に内閣総理大臣の「加藤友三郎」が急死。 総理の職務を「内田康哉」が臨時代理として行っていた中で発生しており、混乱冷めない翌9月2日に海軍大将「山本権兵衛」が第22代内閣総理大臣に指名され緊急で内閣が組閣されることに。 最近の大きな災害では年(平成23年)の「東日本大震災」が挙げられますが、この時は国民の政権不信が募った時期に発生しており、「政局混乱時に発生した災害」という点でこの震災と似ている感じる人もいるでしょう。 こういった時期に発生すればさらに混乱を招いてしまいますからね。 現在9月1日は震災が発生した日にちということから「防災の日」と設定されており、それだけこの震災が日本に与えた影響は大きかったのです。. 護憲運動(ごけん うんどう) 藩閥政治(はんばつ アメリカの映画は放映されていた せいじ)を批判し、政党による政治を主張する 護憲運動(ごけん うんどう) が政党から主張された。 立憲政友会の尾崎行雄(おざき ゆきお)や、立憲国民党の犬養毅(いぬかい つよし)などが護憲運動の中心になった。 そもそも日露戦争後の日本の議会の政権では、政党の立憲政友会を基盤とした内閣と、藩閥・官僚・陸海軍を基盤とした勢力とが、交互に政権を担当していた。 1912年には、陸軍が軍備増強の要求をしたが、政権を担当する立憲政友会の総裁(そうさい)の西園寺公望(さいおんじ きんもち)の西園寺内閣(さいおんじ ないかく)が財政難を理由に増強案を拒否したので(※ 日露戦争後なので財政難)、内閣に圧力をかけるために陸軍大臣が辞職して、内閣が解散するはめになった。そして、後任の首相には藩閥の支持する桂太郎(かつら たろう)がついた。しかし、民衆がこれに反発し、倒閣運動を起こし(第一次護憲運動、だいいちじ ごけん うんどう)、倒閣運動は日本各地に広がり、桂内閣は50日あまりで倒れた。 この第一次護憲運動で、尾崎行雄や犬養毅が運動の中心になった.